株式会社カーゾック|KARZOC 家族の大切な一瞬を、笑顔に、幸せに。

MENU

CLOSE

KARZOCの挑戦

KARZOCの挑戦

No.42

2019.04.01

思い出がいっぱい

post_42.jpg

皆さんどうもこんにちは!!! ニコパ四日市北店の串田です。

最近よく見る、店内を全力で走り回っている子どもたち。危ないので注意をしますが、ワクワクしてくれているのだなぁと内心ウキウキしています。
そんな光景を毎日目の当たりにして、もう一度子どもに戻ってみたいなぁ、と思う時があります。

入社前の私は、ゲームセンターにほとんど行ったことがなく、知識もありませんでした。
そんな私でも小さい頃に一度だけクレーンゲームで景品を獲ったことがあります。
地元のスーパー銭湯にあるクレーンゲームで、何となくやってみたら「ルフィの洗濯ばさみ」が獲れたのです。
ちょっとやって、景品がとれて「ラッキー!」ぐらいの軽い気持ちでいたつもりですが、今でもその瞬間を鮮明に覚えています。クレーンゲームで初めて景品がとれたのだから、やっぱり嬉しかったのでしょうね。

でも実はこのことは最近まで忘れていて、、、
このまえ久しぶりに帰省したとき、洗面所のタオルを挟んで活躍しているコイツを発見しました(笑)
「あっ!懐かしい・・・!」ってなったのです。
これがきっかけで、初めて景品をとった思い出がよみがえりました。

「一度あったことは忘れないものさ、思い出せないだけで」
千と千尋の神隠しの銭婆もこんなことを言っていました。

小さな出来事ほど記憶に残りにくいものですが、思い出した瞬間は、何とも言えないノスタルジーを感じることができます。ツーン(T_T)と涙が流れてくるんです。心底感動している証拠ですね。

大小関係なく、たくさんの思い出を子どもたちに与えたい。
これが私の仕事です。

世界的有名なシェフが作るフランス料理と商店街のおばちゃんが作るお惣菜。
どちらが、記憶に残りやすいか。
、、、おばちゃんも負けてないですよね。

何が言いたいのかよくわからなくなってしまいましたね(笑)
とにかく今はお客さまが楽しんでくれるように、日々試行錯誤しています!!!!

握りしめたちっちゃい手の中の100円で素敵な思い出が作れますように・・・!